FC2ブログ
◆ま~さんの創作絵発表の場 と 気になった物をつらつら書いていきます◆
2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

三次元+時間 の4次元がこの物理世界で、
人間はその上の情報空間(抽象空間?)にある
A次元(抽象(Abstract)次元を略して「A次元」)
について初めて書かれた本だそ~な。

ウィキペディア調べても、A次元は項目すらなかったのでマジなのか。

人間の思考は物理空間から、情報空間に繋がっている、、ってのは
学者の間では常識らしいのよ。

そうか、、ハルヒの作者はこの辺の知識を学んだな… とか思ったり。
フィクションであるハルヒほどの実現能力は無理かも知れんけど、
少なからず全人類は、思考内の実現能力を持っている、、、ってのを説明した本です。

同時に、殆どの人間はその能力を抑える教育を施されているので
それから開放しないといけない!!ってのが本の主題かな。


この手の本、まだ20冊ぐらいしか読んでないけど、コレはかなり分かりやすかったし
なんか、開放される感が伝わってきてワクワクしながら読んだので、紹介します。

ただ、この手の知識が無い人は最低3回は読まないと
分からない部分が多数あると思います。
分からない部分があったことにも気付かずに読みすぎていくと思います。

作者の方が言うには
人間は知らないことは見ること、認識が出来ない。
なので、本で全く知らない知識を得ることは困難だと。

なので、この作者さんの本は、 普通の知識で分かる事に絡ませて
未知の内容を書いていき、その入り口が理解できれば、もう一歩先の
情報が見えてくる、それが分かれば、その先の情報が見えてきて、、
最終的には本で伝えたかった本題が見える!! ように設定して
書かれているそうな。

始めに バーーン!! と 未知の知識を書いても、それが全く知らないもので
あれば、印刷されているのに、見ることができないんだそーな。
難解な本は全内容が全く見えないから 眠くなるのかな…(・ω・ )

なんでそんな書き方をしているのかってのは、、皆さんが知っている内容を
書いても仕方ないでしょ? との事。

イワユル ベストセラーの本は、皆が楽しめる内容、、すなわち
新しい事は殆ど書かれていない、、、うむむ(・ω・;)

まー オススメ(・ω・)です!!
とはいえ、私自身も全然ゲシュタルト構築が足りないので
あと2回は読んで見ます、、多分見れてない内容があるはずなので。



夢が勝手にかなう脳 (講談社BIZ)夢が勝手にかなう脳 (講談社BIZ)
(2009/11/05)
苫米地 英人

商品詳細を見る



洗脳の第一段階は 情報を遮断する事。
情報が無い者には、それ自体を見せても認識すらできない。
ワザワザ目隠しをしたり、その物を隠す必要は無い、、、今の日本は、、ヤバイよなぁ。

あと、無駄に情報を隠す会社の体質も、、、下っ端社員には情報が不足しているので
たまらなく仕事の効率が悪くなっている。上の人間は情報を制限するのも仕事、、と
思っているらしいが、その制限するサジ加減が素人なので、自分で自分の会社の
首を絞めている、、、ことに気付かず、社員(従業員)の責任としていたり、、、




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7mican.blog78.fc2.com/tb.php/239-a27853c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック